玄関用マットを置くべき3つのエリアと用法|法人様向けオフィス家具の通販

  • お問合わせやご相談はこちらから:0120-945-823
  • 家具購入時の注意点
    メールでお問合わせ
  • 販売業者様
    小売業者様
    への
    販売も行っています
  • カートの中を見る
  • FAX注文書のDL
オフィス家具サイト
カートを見る
 

玄関用マットを置くべき3つのエリアと用法

梅雨時に活躍するオフィス家具には、傘立てなどのほかに玄関用マットがあります。今回は、マットの特徴や設置に適切なエリアなどをご紹介します。

マットを置くべきエリアは、大きく分けると3つ。
「屋外」「風除室」「屋内」です。屋外から持ち込まれる汚れには「土砂」「雨水」「ホコリ」などがあります。それぞれのエリアに適切な種類のマットを敷くことで、効率よく汚れを落とすことができます。

STEP1屋外用マットで土砂を落とす

屋外用の土砂落としマット

屋外用の土砂落としマット

屋外用マットは、主に土砂を落とすためのマットです。耐久性に優れ、摩擦に強いナイロン製のブラシが付いています。このブラシで、まずは大まかな土砂を落とします。

STEP2 風除室で細かい砂と水分を落とす

樹脂製のマット

樹脂製のマット

風除室では、細かい砂や水分を落とします。主に樹脂製のマットが使われ、屋外用のマットと比べると目の細かいマットになっています。

STEP3 屋内用マットで残ったホコリ

屋内用の吸水マット

屋内用の吸水マット

仕上げは、屋内用マット。この時点では大まかな汚れは除去できているはずなので、雨水などの水分を吸い取れる吸水マットを使います。

自分のオフィスでも訪問先のオフィスでも、床が濡れていたり汚れていたりすると気分が良くありませんよね。マットを正しく使い、清潔なオフィスを保ちましょう!

はこちら